DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8755

タイトル: ローマ字入力による日本語識別子入力補完プラグインの開発と評価
Development and Evaluation of a Plug-in that Makes Input Completion of Japanese Identi er Even If Ro- maji Input Mode
著者: 熊谷, 優斗
伊藤, 恵
奥野, 拓
アブストラクト: 近年のソフトウェア開発プロジェクトの複雑化は,ソフトウェアの保守にかかる時間的コストを増大させている.保守作業において最も時間的コストがかかる作業は,既存のソースコードの読解作業であるとされ,コスト削減のためにソースコードの可読性を高めることが重要である.可読性向上の方法の1 つとして,ソースコード中の変数や関数の識別子名を日本語で書くことが有用であるとした報告はいくつか存在する.しかし,識別子を日本語入力する際には,文字変換の手間があることや入力補完が効き辛いことが原因で,プログラマに入力の負担が発生してしまう.本研究では,日本語識別子をより扱いやすくすることを目的として,ローマ字入力による日本語識別子の入力補完を可能とするツールの作成を行なった.また,作成したツールを用いて被験者に日本語識別子の入力を行なってもらい,入力の負担を軽減できたことを示した. Recent years, the complication of software development projects has increased the time cost of software maintenance. It is said that reading work of existing source codes is the most time-consuming work in maintenance works, and it is important to increase readability of source codes for cost reduction. There are several reports that it is useful to write the identi er names of variables and functions in Japanese as one way to increase the readability of source codes for Japanese programmers. However, when entering the identi er in Japanese, the burden of input is occured to the programmer. There are two reasons for that. First, there is trouble of character conversion. Seconds, input complementation is hard to work. In this research, we created a tool that enables complementation of Japanese identi er by inputting romaji characters for the purpose of making Japanese identi ers easier to handle. In addition, we showed that we were able to reduce the burden of input by asking subjects to input Japanese identi er using the created tool.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本ソフトウェア科学会第35回大会論文集
年月日: 2018年8月30日
出版社: 日本ソフトウェア科学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
fose1-5.pdf1.36 MBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard