DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8754

タイトル: プログラミング行動中の思考分析に基づいた初学者支援システムの提案
Proposal of Beginner Support System Based on Thought Analysis During Programming Behavior
著者: 松井, 大成
伊藤, 恵
アブストラクト: プログラミング教育の現場ではより効果的なプログラミング教育を行うために様々な手法が実践されている.その中でもプログラミング入門教育方法として演習型の授業方式が取り入れられることが多い.しかし,演習型の授業方式は指導者による学習者に対する支援が不足しがちになってしまうという問題がある.プログラミング学習において指導者と学習者による対話は重要な役割を果たしているにも関わらず,学習者全員が対話をすることは困難であるのが現状である.この問題を解決するため,本研究では指導者が学習者の支援のために行なっていることをモデル化し,システムに取り入れることによって,指導者を必要とせずに初学者の自立的な学習を促すシステムの構築を目指す.本稿では,提案システムの概要を説明し,対話をシステムに取り入れる上で必要になるデータを集める実験について述べる. In the eld of programming education, various methods are practiced for more effective programming education. Among them, the practice type lesson is often adopted as a programming introductory education method. However, there is a problem that the practice type lesson tends to lack support for the learner by the teacher. In spite of conversation between teachers and learners is important, it is difficult for all learners to conversation. In order to solve this problem, we aim to construct a system by modeling what teachers are doing for supporting learners. And promote autonomous learning of beginners of programming without requiring teachers. In this paper, we outline the proposing system and describe an experiment to gather data for systematizing conversation.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本ソフトウェア科学会第35回大会論文集
年月日: 2018年8月30日
出版社: 日本ソフトウェア科学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
fose1-2.pdf279.77 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard