DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8752

タイトル: PBLにおける蓄積資料を利用した引き継ぎ資料の自動 生成手法の検討
Consideration of an Automatic Generation Method of Handover Information by Using Accumulated Documents in PBL
著者: 関根, 遼
伊藤, 恵
奥野, 拓
アブストラクト: Project Based Learning(以下, PBL) で学期及び年度を超えて継続的なテーマを扱う場合, しばしばメンバーの入れ替わりが発生する. この場合でも継続的に活動を行うためには, プロジェクトを担当している, または担当していたメンバー(以下, 先任者) が, これから参加するメンバー(以下, 後任者) に知識を引き継ぐ必要がある. しかし, 引き継ぎがうまくいかず, 後任者が活動に必要な知識を会得するのに苦労している場合が多い. これらの理由のひとつとして, 先任者が引き継ぎのための時間を十分に確保できていないため, 準備が万全でないことが挙げられる. 本研究では, ソフトウェア開発を目的としたPBL における, 前述の問題に着目する. 具体的には, PBL の活動によって蓄積された資料(以下, 蓄積資料) から, 後任者にとって意味のある情報を抽出し, その情報を元に引き継ぎ資料を自動生成する手法の検討, 及びツールの作成を目指す. また, 抽出できない情報は, 先任者に必要な情報として提示することで, 先任者が不足している項目を模索する時間の軽減を図る. 本稿では, 実際にPBL を行なっている, または行なったプロジェクトグループに対し行なった引き継ぎの実態及び後任者が蓄積資料から探した情報に関するヒアリングを元に, 実現可能性及び有効性の検討を行う. In the case of dealing continuous theme in the Project Based Learning(PBL), turning over of members often occurs. To get going continuously in this case, previous students have to take over knowledges about project to successor. But it does not work takeover and successor has troubles in comprehending the required knowledge for activities in many times. As one of the reasons of these situation, previous student can not preserve enough time to prepare for takeover. So preparation is not enough. In this research, we focus on the above problem in PBL that aims developing software. Speci cally, we try to consider a method to extract information for successor from documents that were accumulated by PBL and generate handover information automatically, and develop tools to do that. Information that can not extract will be shown to reduce time to looking for missed items. In this paper, we consider about feasibility and efficiency of this research based on survey about actual situation of takeover and information that was searched by successor from accumulated documents on projects that has carried out takeover.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本ソフトウェア科学会第35回大会論文集
年月日: 2018年8月29日
出版社: 日本ソフトウェア科学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
repit1-2.pdf613.82 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard