DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
メタ学習センター >
ダミアン・リヴァーズ >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8689

タイトル: Where is the Love? White Nationalist Discourse on Hip-Hop
著者: Rivers, Damian
アブストラクト: Influenced by a professional interest in political hip-hop, expressions of nationalism, and sociolinguistic constructions of otherness, this chapter explores the discursive intersections of racialized identities as formulated around, and in response to, hip-hop culture. In contrast to several other chapters presented within this volume, the expressions of dissatisfaction and dissent showcased here come not through examination of lyrical content. Instead, discursive data is instead drawn from the discussion boards of Stormfront (http://www.stormfront.org/forum/), an online community dedicated to the promotion of white nationalism and white supremacy (De Koster and Houtman, 2008).
研究業績種別: 著書/Book
資料種別: Book
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
開始ページ: 101-129
年月日: 2017年10月1日
出版社: Palgrave Macmillan
出現コレクション:ダミアン・リヴァーズ

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard