DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8414

タイトル: PBLにおけるソースコード引き継ぎ支援 ~日本語と英語 を交えた識別子命名によるソースコード可読性向上の試み~
Support to Handover Source Codes in PBLs -Try to Improve Readability of Source Code by The Identifier Mixed Japanese with English
著者: 熊谷, 優斗
伊藤, 恵
奥野, 拓
アブストラクト: さまざまな情報系大学でシステム開発PBLが行われている.PBL の中には複数年継続して行われ,プロジェクトメンバの入れ替わりが発生するものがある.本研究では,引き継ぎを行うPBLにおいて,引き継いだ学生がソースコードを読むことに時間をかけてしまっている問題を解決することを目的とする.そのためのアプローチとして,日本語と英語を交えた識別子を用いることを提案し,その命名の支援を行うツールの開発を行う.本論文では,まず日本語のみを用いた識別子の可読性を評価するための予備実験を行ったため,その結果と考察を論じる.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本ソフトウェア科学会第33回大会
年月日: 2016年9月7日
出版社: 日本ソフトウェア科学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
fose1-3.pdf678.31 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard