DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
メタ学習センター >
ダミアン・リヴァーズ >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8291

タイトル: Native-Speakerism and the Betrayal of the Native Speaker Teaching Professional
著者: Rivers, Damian
アブストラクト: Within this chapter evidence of the rather paradoxical intersectionality of two -isms is shown whereby the ideology of native-speakerism, originally conceived to describe and diagnose a plethora of language-related prejudices, fails, and in doing so actively contributes to the perpetuation of another -ism, in this case linguicism, defined as “ideologies, structures and practices which are used to legitimate, effectuate, regulate and reproduce an unequal division of power and resources between groups which are defined on the basis of language” (Skutnabb-Kangas, 1988: 13).
研究業績種別: 著書/Book
資料種別: Book
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
開始ページ: 146-172
終了ページ: 146-172
年月日: 2016年
出現コレクション:ダミアン・リヴァーズ

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard