DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8272

タイトル: 利用する過去情報の選定によるPBL向け工数見積り支援ツールの精度改善
Precision Improvement of a Man-hour Estimation Tool by Selecting Past PBL Data
著者: 齋藤, 尊
新美, 礼彦
伊藤, 恵
アブストラクト: 本研究では,学生主導で実施されるPBL(Project-Based Learning) のマネジメント支援を目的とする.ソフトウェア開発の経験が少ない学生が管理するPBL では,特に工数見積りの甘さによるスケジュールの遅延と臨時作業の増加が発生しやすい.そこでこの問題を解決するため,CoBRA 法をベースにした各成果物ごとの工数見積りを提案する.これまでの研究では11 のPBL からデータを収集して見積りを行ったが,自動処理を行った場合の見積り精度がまだ十分ではなかった.そのため本研究では利用する工数変動要因を見直し,再度見積り実験を実施した.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: レクチャーノート/ソフトウェア学
巻: 41
開始ページ: 53
終了ページ: 58
年月日: 2015年11月26日
出版社: 近代科学社/日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
FOSE2015_submission_4.pdf59.14 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard