DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8249

タイトル: 開発要求の精度向上のための提案依頼書の作成支援
著者: 若林, 沙弥
伊藤, 恵
アブストラクト: 現在,短期間のプロジェクトが増えており,手戻りや遅延なくプロジェクトを完了させる必要がある.そのため,要求を的確に反映し,確実性の高い要求事項が書かれた提案依頼書が重要である.このような提案依頼書を書かなければ要求が曖昧になり,情報伝達ミスが起こることで手戻りや遅延が発生してしまう.提案依頼書には業界標準的な書式はなく,作りたいシステムの概要を正しく伝えるための記述方法が明確になっていない.そのため書籍等を参考に,自己判断で記述内容を決める必要がある.現状では良い提案依頼書の書き方が十分に確立されていない.本研究では,提案依頼書をターゲットとし,システム開発における発注者の要求を的確に反映し,要求事項の確実性を高めるために,提案依頼書の作成支援を行う.提案依頼書の作成支援方法として,記述内容を誘導する方法の提唱と評価項目の作成を新たに行う.被験者を募り,提唱した方法と従来の方法で提案依頼書を書いて,評価をして比較することで開発要求の精度向上を図る.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本ソフトウェア科学会第32回大会
年月日: 2015年9月11日
出版社: 日本ソフトウェア科学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
fose2-2.pdf1.47 MBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard