DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
メタ学習センター >
ダミアン・リヴァーズ >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8120

タイトル: The Validity of Victimhood in Native and Non-Native Discourse
著者: Rivers, Damian
アブストラクト: This panel presentation explores how processes of bifurcation within educational research, academia and lived experience function to deprive individuals from being recognized beyond static categories of classification. The four presentations unite behind a common desire to move applied linguistics beyond bifurcation in order to realize a vision of reality better reflecting the muddled complexity of the sights and sounds of our sociolinguistic surroundings.
研究業績種別: 国際会議/International Conference
資料種別: Presentation
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Paper presented at the Sociolinguistics of Globalization: (De)centering and (De)standardization International Conference, The University of Hong Kong, Hong Kong.
年月日: 2015年6月5日
出現コレクション:ダミアン・リヴァーズ

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard