DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8108

タイトル: geocastを用いた双方向通信手法の提案
著者: 小林, 弘輝
中村, 嘉隆
高橋, 修
アブストラクト: MANET(Mobile ad-hoc network)は,無線通信可能なノードが自律分散的に構築するネットワーク形態であり,通信インフラ環境に依存することなくネットワークの構築が可能である.geocastは地理的なキャスティング手法で,送信したいエリアを緯度と経度,中心座標からの半径で設定し,そのエリア内のノードに対してデータを送信できる片方向通信方式である.しかし,実際の通信では双方向通信が不可欠である.本稿ではgeocastを用いた双方向通信手法として,geocastとDSRを融合した新しいルーティングプロトコルを提案し,シミュレーション評価によって,その有効性を示す.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会第75回全国大会講演論文集
巻: 2013
号: 1
開始ページ: 493
終了ページ: 494
年月日: 2013年3月6日
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
75ncipsjkobayashi.pdf336 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard