DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8107

タイトル: 無線ネットワークにおけるフロー特性を考慮したQoS制御方式の検討
著者: 赤石, 健一
中村, 嘉隆
高橋, 修
アブストラクト: 無線LANは有線と異なり,障害物や電波干渉の影響によって通信品質が大きく変わるので,安定した通信を行うためのQoS制御が重要性を増している.無線LANの規格であるIEEE802.11eEDCAでは,4つの優先度でフレームを区別し,優先的に送信することによりQoS制御を実現する.しかし,同じ優先度内でトラフィックが増大するとその通信品質が劣化する問題がある.本研究では,トラフィックの負荷が高い場合においてもQoS保証を実現する方式について検討する.具体的にはトラフィックの状況によって各優先度のキューのサイズを動的に管理するとともに,各キューからフレームを取り出しする制御パラメータを最適化する.シミュレーション評価により提案するQoS制御方式の有効性を示す.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会第75回全国大会講演論文集
巻: 2013
号: 1
開始ページ: 471
終了ページ: 472
年月日: 2013年3月6日
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IPSJ-Z75-5Y-1.pdf343.68 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard