DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/8106

タイトル: アドホックネットワーク向けマルチパスルーティングプロトコル実現のためのネットワーク通信メトリクス影響評価
Evaluation of the influence of various network metrics for the implementation of the multipath routing protocol on ad hoc network
著者: 浅沼, 佑紀
中村, 嘉隆
高橋, 修
アブストラクト: 近年の無線技術の発展により,端末同士が自律的にネットワークを形成するアドホックネットワークはさまざまな用途で用いられ始めている.アドホックネットワークにおいて無線通信端末を階層的に管理する有用な手法としてクラスタリングが挙げられる.このクラスタリングを用いたルーティングでは通信経路の作成を効率化でき,安定した通信を実現できるとされている.これを発展させた Cluster-by-Cluster ルーティングでは経路作成の処理を効率化することで,ルーティングオーバヘッドの削減とパケット到達率の向上が実現可能である.しかし,Cluster-by-Cluster ルーティングでは通信状況の変化に対応していないため,複数の通信が混在する実ネットワーク環境ではネットワーク全体のスループットが低下するという問題がある.この通信状況の変化の一例として,一部経路においてトラフィックが集中することで発生する通信遅延などが挙げられる.そこで本稿ではネットワーク全体のスループット向上のための柔軟な通信経路選択に向けて,トラフィック量を中心としたメトリクスのネットワークに対する影響を評価した.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会研究報告
巻: 2015-MBL-74
号: 18
開始ページ: 1
終了ページ: 7
年月日: 2015年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
74mblasanuma[1].pdf1.43 MBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard