DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7797

タイトル: SIPモビリティの拡張による端末非依存型ハンドオーバ方式の性能向上に関する検討
著者: 織田, 喜雄
中村, 嘉隆
高橋, 修
アブストラクト: 近年,移動体通信の発展や公衆無線LANの展開に伴い,ファイル転送などの通信を行っている移動端末が無線LANを切り替えても通信を継続させるハンドオーバ技術の重要性が増してきている.筆者らはSIPモビリティを拡張し無線LANに追加することで移動端末への特別な機能を付加しないままハンドオーバを実現する手法の提案を行った.しかし,この方式では移動端末ではハンドオーバした際にIPアドレスの取得に時間がかかるため通信に影響が出てしまうという問題点があった.そこで本稿では無線LANが送信するRouter Advertisementパケットの送信タイミングを動的に変化させIPアドレスの取得の時間を短縮することで通信への影響を抑える方式を提案し,シミュレータを用いて有効性を示す.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 電子情報通信学会技術研究報告
巻: 112
号: 392
開始ページ: 25
終了ページ: 30
年月日: 2013年1月17日
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard