DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7792

タイトル: DoS攻撃を対象としたIPトレースバックにおけるルータ負荷削減手法
著者: 桂井, 友輝
中村, 嘉隆
高橋, 修
アブストラクト: 近年のネットワーク技術の発達,普及によって,DoS攻撃をはじめとしたネットワークを利用した攻撃の規模は年々拡大している.DoS攻撃は大量のデータや通信要求を送りつけることで,対象のサービスの処理能力やトラフィックに過負荷を与える攻撃の総称である.DoS攻撃は攻撃パケットの送信元アドレスが偽装されており,被害を受けたホストが攻撃元を容易に特定できないという大きな特徴があり,その対策として存在する技術がIPトレースバックである.IPトレースバックには様々な手法が存在し,それぞれにネットワークへの影響,トレースバックに要する時間,機器にかかる負荷などの面において利点,欠点が存在する.本研究では,ネットワーク上のルータにログを保存することで攻撃元を特定するロギング方式を改良する.ロギング方式は攻撃パケットの数が少なくとも攻撃元を特定できる方式であるが,欠点としてルータに多大な負荷がかかる点が存在する.そこで本研究ではロギング方式を改良し,被害を受けたホストが攻撃を検知した後に各ルータがログの保存を開始することで,同方式におけるルータの負荷を削減する手法を提案する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム論文集
開始ページ: 530
終了ページ: 536
年月日: 2014年7月2日
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard