DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7786

タイトル: 固定端末・モバイル端末混在環境における遅延を考慮した DHT アルゴリズム拡張手法の提案
An Extension Method of DHT Algorithm Considering Delay in Fixed Mobile Convergence Environment
著者: 中村, 嘉隆
舟橋, 知論
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 近年,負荷分散やスケーラビリティ,耐故障性に優れたP2P(Peer-to-Peer)技術がさかんに研究されている.P2P技術はこれまでファイル共有ソフトやストリーミング配信やIP電話などさまざまなサービスに応用されている.モバイル端末自身の性能向上のほか,近年のLTEや3Gアクセス,Wi-Fiなどの無線通信技術の発展にともない,スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末においてもこれらのサービスが利用される機会が増加している.またこれらモバイル端末の普及率の向上にともなって,モバイル端末によるP2P利用の需要は今後,いっそう高まっていくことが予想されている.本論文では固定・モバイル端末の混在(Fixed Mobile Convergence, FMC)環境下でのP2Pの利用を想定し,モバイル端末の存在を考慮したDHT(Distributed Hash Table)アルゴリズムの拡張手法の提案を行う.モバイル端末のバッテリ消費を抑えるため,FMC環境における計算資源である固定端末へモバイル端末の通信処理を委譲する非対称型DHTアルゴリズムを提案する.これにより,モバイル端末においてバッテリ消費量の大きな通信処理負荷を抑制することができ,かつ従来の探索性能を維持したDHTを構築することが可能となる.提案手法について,シミュレーションによる性能評価を行った結果,従来手法より探索遅延時間を改善できていることが分かった.
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会論文誌
巻: 55
号: 2
開始ページ: 630
終了ページ: 638
年月日: 2014年2月15日
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard