DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7785

タイトル: Duty CycleとSN比を用いた無線LANアクセスポイントの最適チャネル選択手法
著者: 高橋, 由多加
中村, 嘉隆
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 近年,無線LANを搭載した端末が広く普及してきており,それに伴い公衆のWi-FiスポットやPocket Wi-Fi,WiMAXなどのアクセスポイント(AP)が増加してきている.無線LANの多くは2.4GHz帯を用いて通信されるが,複数の機器が同一チャネルを使用することでパフォーマンスが低下することが問題となる.本研究では,局所的に多数の無線LAN機器が存在する環境下において,APが自律的に通信に最適なチャネルを選択することを目的とする.最適チャネル検出には,長期的にスペクトルを観測するDuty Cycleを用いたものと,SN比と通信レートから短期的に判断する2つの手法から状況に応じたアプローチを行う.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 電子情報通信学会技術研究報告
巻: 111
号: 468
開始ページ: 475
終了ページ: 480
年月日: 2012年3月1日
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard