DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Nakamura, Yoshitaka >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/7785

Title: Duty CycleとSN比を用いた無線LANアクセスポイントの最適チャネル選択手法
Authors: 高橋, 由多加
中村, 嘉隆
白石, 陽
高橋, 修
Abstract: 近年,無線LANを搭載した端末が広く普及してきており,それに伴い公衆のWi-FiスポットやPocket Wi-Fi,WiMAXなどのアクセスポイント(AP)が増加してきている.無線LANの多くは2.4GHz帯を用いて通信されるが,複数の機器が同一チャネルを使用することでパフォーマンスが低下することが問題となる.本研究では,局所的に多数の無線LAN機器が存在する環境下において,APが自律的に通信に最適なチャネルを選択することを目的とする.最適チャネル検出には,長期的にスペクトルを観測するDuty Cycleを用いたものと,SN比と通信レートから短期的に判断する2つの手法から状況に応じたアプローチを行う.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
電子情報通信学会技術研究報告
Volume: 111
Number: 468
Spage: 475
Epage: 480
Date: 1-Mar-2012
Appears in Collections:Nakamura, Yoshitaka

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace