DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Nakamura, Yoshitaka >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/7779

Title: SIPモビリティを用いたネットワーク主導型ハンドオーバの提案
Authors: 織田, 喜雄
中村, 嘉隆
白石, 陽
高橋, 修
Abstract: 近年,携帯端末の発展により,多くの事業者による公衆無線LANサービスが広域展開している.それに伴い,ユーザが通信中にルータ間を移動し,通信が切断されてしまうことが予想される.そのため,通信を継続したままルータ間の移動を可能とする,ハンドオーバ技術が重要となる.ハンドオーバ技術にはMobile IPv6やSIPモビリティが挙げられる.しかし,既存技術では,移動端末がハンドオーバのための特別な機能を持たなければ,ハンドオーバを実行できない.そこで本研究では,無線LANルータにSIP機能を実装し,ルータ側のみでハンドオーバの処理を行うネットワーク主導型のハンドオーバを提案する.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
情報処理学会第74回全国大会講演論文集
Volume: 2012
Number: 1
Spage: 3_227
Epage: 3_228
Date: 6-Mar-2012
Appears in Collections:Nakamura, Yoshitaka

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace