DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7611

タイトル: プログラミング授業における自習用小テストの導入と実践
著者: Sato, Tomoki
Ito, Kei
Tsubakimoto, Mio
Shiraishi, Yoh
アブストラクト: 情報系の学部における必修プログラミング科目では少数教師陣が多数学習者を教える多人数授業になりがちである。このため学習者個々の学習状況に応じた対応は難しく、学習者自身の自習に頼ることとなり、いわゆる落ちこぼれを発生させ易い環境になっている。著者ら所属大学でも初年次教育のプログラミング科目において不合格率や再履修率の高さが問題となっていた。 そこで、当学で対面授業を中心に行っているプログラミング科目に対し、授業時間外の受講生の予復習を支援するため2011年度より自習用小テストを導入・実践してきた。この実践結果から、授業で不合格となった受講生には各学習項目に対する小テストを多く利用して満点を取るまで受験し続ける者が目立ち、合格となった受講生には各小テストを数回ずつ利用して満点を取らなくても利用を終える者が目立った。前者は扱っている学習項目の理解よりもゲーム感覚での高得点獲得に注力しており、後者は受験後に表示される解説資料の読解に注力したのではないかと考察された。これを踏まえ、受験制限によるゲーム感覚での受験抑制や、小テスト回答前の解説資料提示等の対策を行い、自習用小テストの提供を継続している。
研究業績種別: 国際会議/International Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: moodle moot japan 2014 okinawa
開始ページ: 28
終了ページ: 29
年月日: 2014年2月19日
出版社: Moodle Association of Japan
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard