DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
木塚 あゆみ  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7556

タイトル: 道路の環境変化がドライバーの生理学的特性に及ぼす影響
著者: 西山, 修二
大田, 慎一郎
松井, 俊樹
山内, 仁
大山, 剛史
板野, 純子
山下, 明美
木塚, あゆみ
アブストラクト: 高速道路を長時間運転していると,体感速度と実際の速度に違いが生じ,速度超過による交通事故の要因にもなりかねない.そこで,走行環境が変わった場合に,体感速度を正常に戻すような環境復帰操作を開発するためには,高速道路あるいは一般道路の走行時におけるドライバーの生理学的特性について明らかにする必要がある. 本研究では,走行速度がドライバーの自律神経系に及ぼす影響に ついて実測した結果,120km/h より 60km/h の方が交感神経は活発化していることが明らかとなった.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Presentation
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: OPUフォーラム2010要旨集
開始ページ: 34
終了ページ: 34
年月日: 2010年
出版社: 岡山県立大学
出現コレクション:木塚 あゆみ

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard