DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7533

タイトル: 学習者の傾向に基づくプログラミング自習支援の出題形式改善と結果
Improving Questions Based on Learners’ for Self-Study of Programming and Its Results
著者: 佐藤, 智紀
伊藤, 恵
椿本, 弥生
奥野, 拓
大場, みち子
アブストラクト: 本研究はプログラミング教育を題材とし,学習支援システム(Moodle)を用いて,知識定着や学習意欲向上,問題解決能力の育成を目的とする.これまで,実際の授業の受講生(学部1 年生と再履修生)を対象に,学習者の受験状況に応じて教材や出題形式を改善しながら,自習支援を計5 回実践した.本稿では,各回の実践結果を分析し,学習者の特徴と教材や出題形式の改善による学習効果の変化,および今後の改善案を述べる.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 第38回教育システム情報学会全国大会講演論文集
開始ページ: 385
終了ページ: 386
年月日: 2013年9月4日
出版社: 教育システム情報学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
G5-4.pdf483.49 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard