DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7527

タイトル: 要求工程におけるプロトタイプからのUI仕様書の生成支援
Generation Support of the UI Specification from the Prototype in the Requirements Process
著者: 曽我, 知央
伊藤, 恵
アブストラクト: ソフトウェア開発の要件定義段階では顧客と開発者の間に認識の違いが生じやすい.顧客との認識の違いを埋める手法の一つであるプロトタイピングを用いて画面遷移を伝えることができるが,プロトタイプを作るのにもコストがかかる.また,プロトタイプで得た要求を仕様書にまとめる必要が出てくる.一方で,画面遷移を伝える他の手法として,UI 仕様書を用いることができる.UI 仕様書はプロトタイプほどではないが画面遷移を分かりやすく伝えることができ,後の開発で仕様書として有用である.しかし,UI 仕様書には統一された記法がなく,開発者によって異なる記法のUI 仕様書になってしまうため,こちらも,UI 仕様書の管理や転用が難しいという問題を抱えている. この様な問題はあるが,プロトタイピングには顧客にシステムの動作が伝わりやすいという利点がある.また,UI仕様書には顧客にシステムのUI を伝えるだけでなく後の開発で仕様書として使えるという利点があり,互いを補完しあっているので開発現場ではどちらも作成したほうが良いと考えられる.本研究ではまず,ツールの提案に伴って必要となる,UI 仕様書の定義を行う.そして,プロトタイプ作成時にフォーマットをそろえたUI 仕様書を自動生成できるツールを提案することで,要件定義段階における作業効率の向上や顧客と開発者の認識の差異低減を目指す.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本ソフトウェア科学会第30回大会
年月日: 2013年9月11日
出版社: 日本ソフトウェア科学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hoga1-2.pdf636.21 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard