DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
伊藤 恵 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/7526

タイトル: 要求の集約と体系的な可視化を支援する環境の提案
Proposal of An Environment to Support Collecting Requirements and Systematic Visualization
著者: 濱登, 強
伊藤, 恵
アブストラクト: 本研究の目的は引き出された要求の集約とその体系的可視化を支援することにより,システム開発プロジェクトを支援することである.現在日本のシステム開発で多く適用されているウォーターフォールモデルでは,手戻りが発生しやすい.上流工程の時間的な制約のため要求の整理ができず,要求漏れに気づかぬまま下流工程へと進行することがある.そのため手戻りが発生してしまう.そこで要求漏れを改善するために超上流,要求開発などの仕組みが提案され,ビジネスアナリシスを体系化したBABOK が整備された.しかし,時間的なコストを削減するには至っていない.本研究では開発依頼者に対し,BABOK を活用し要求の集約とその体系的可視化を支援することにより,要求漏れの把握と時間的コストの削減をできる環境を提案する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本ソフトウェア科学会第30回大会
年月日: 2013年9月11日
出版社: 日本ソフトウェア科学会
出現コレクション:伊藤 恵

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hoga1-1.pdf433.82 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard