DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
竹之内 高志 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6926

タイトル: Eta-divergenceを用いたAdaBoostのロバスト化
著者: 竹之内, 高志
アブストラクト: 本論文では 2 値判別問題のための代表的ブースティングアルゴリズム,アダブーストのロバスト化を行った.アダブーストは効率よく高精度な判別器を構成する事が出来るが, 例題に含まれるラベル反転ノイズ (ミスラベル) に弱い事が知られていた.本論文ではEta-ダイバージェンスを用いてアダブーストのアルゴリズムを改良し,ミスラベルに対して頑健なアルゴリズムを提案した.数値的,理論的な側面からアルゴリズムの頑健性を示した.
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: 情報論的学習理論小特集号, 和文論文誌DII
開始ページ: 951
終了ページ: 958
年月日: 2004年
出現コレクション:竹之内 高志

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard