DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
川口 聡 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6605

タイトル: Dynamics of retrieval process in coupled oscillator models with scattered natural frequency
著者: Kawaguchi, Satoshi
アブストラクト: 固有振動数が分布している場合における連想記憶モデルの想起過程について調べた。これまで、固有振動数が全て等しい 連想記憶モデルの動的な振舞いについては統計力学的な手法を用いて研究がされている。 一方、固有振動数が分布している場合、系はエネルギー関数を持たないので通常の統計力学的手法を適用することはできない。 ここでは、連続時間モデルに対して、断熱近似を適用して系の時間発展が離散的なマップを提案した。この系に対して、神経統計力学(SND)で用いられている手法を適用させて巨視的なオーダーパラメターの 時間発展方程式を近似的に求めた。理論的には、相互作用により位相同期する振動子に対してSNDを適用して オーダーパラメターの漸化式を導出した。まず、連続時間モデルと離散時間モデルの記憶容量は極めて近い値をとることから 系の妥当性を確認できた。ノイズの時間相関を考慮することにして近似精度をあげることができる。 オーダーパラメターの時間発展を計算した結果、4次の理論曲線はモンテカルロシミュレーションの結果と良く一致することがわかった。 しかし、連続時間モデルの想起過程と比較すると収束値はほぼ一致するが、緩和時定数が互いに異なるため、2つのモデルの時間発展を比較するとギャップが生じることがわかった。
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Journal of Physical Society of Japan
号: 79
開始ページ: 114001
終了ページ: 114001
年月日: 2010年
出版社: The Physical Society of Japan
出現コレクション:川口 聡

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard