DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
平田 圭二 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6532

タイトル: Melody Expectation Method Based on GTTM and TPS
著者: Hamanaka, Masatoshi
Hirata, Keiji
Tojo, Satoshi
アブストラクト: 途中まで与えられた音列に対する次に来るべき音は,その全体の音列のタイムスパン木をより安定にするような音であるという仮説に基づいて,旋律を途中まで与えた時にその次に来るべき音を予測する手法を提案し実装した.世界で初めてタイムスパン木の安定度をTPS理論を用いて自動的に計算することに成功した.
研究業績種別: 国際会議/International Conference
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: ISMIR2008
開始ページ: 107
終了ページ: 117
年月日: 2008年9月
出版社: ISMIR
出現コレクション:平田 圭二

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard