DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
平田 圭二 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6509

タイトル: Lattice for Musical Structures and Its Arithmetics
著者: Hirata, Keiji
Tojo, Satoshi
アブストラクト: 提案した音楽理論GTTMに基づいて楽曲全体を木構造として表現する手法を用いると,楽曲間に半順序関係を定義し導入することができ,楽曲を要素とする束 (楽曲構造束) を構成できる.楽曲の木構造を素性構造で表現すると,楽曲間の順序づけやmeet, joinと言った束演算は純粋に数学的なアルゴリズムとして実現可能となる.しかし実用的な場面では以下の3つの課題に直面する:包摂関係, meet, joinだけでは不足する演算の記述力を補うために導入した相対擬補元に関する課題,楽曲 (束上の元) 間の距離の抽象化に関する課題,楽曲間の関係だけでなく,楽曲を修正・加工する操作や手順の形式化に関する課題.本稿では,これらの課題の解決法について検討を加えた
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: LNAI 4384 (Selected Papers from JSAI 2006,T. Washio et al. (Eds))
巻: LNAI4384
開始ページ: 54
終了ページ: 64
年月日: 2007年2月
出版社: Springer-Verlag
出現コレクション:平田 圭二

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard