DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
平田 圭二 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6508

タイトル: Effects of Room-sized Sharing on Remote Collaboration on Physical Tasks
著者: Yamashita, Naomi
Hirata, Keiji
Takada, Toshihiro
Harada, Yasunori
Shirai, Yoshinari
Aoyagi, Shigemi
アブストラクト: 遠隔地の人にパソコン修理の指示を出すというタスクを与えて没入型VCSと従来型テレビ会議の比較を行い,没入型VCSの方が円滑な対話,注目点の共有,動作の相互観察等の点で優れていることを示した.
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: Information and Media Technologies
巻: 3
号: 1
開始ページ: 91
終了ページ: 102
年月日: 2007年4月
出版社: Information Processing Society of Japan
出現コレクション:平田 圭二

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2008_Hirata.pdf626.95 kBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard