DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Nakamura, Yoshitaka >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/6495

Title: コンポーネント連携によるサービスをオーバレイネットワーク上で実現するためのサービス設計技法の提案
Authors: 中村, 嘉隆
山口, 弘純
廣森, 聡仁
東野, 輝夫
Abstract: 本稿では,サービスオーバレイを設計するための一つの形式的手法を述べる.提案手法では,サービスノード群とそれらの間のリンクから構成されるサービスオーバレイネットワークと,拡張ペトリネットによるサービス要求記述にもとづいて,サービス提供のために各サービスノードが協調して動作するための動作記述を自動導出する.その際,各サービスノードの計算能力の制約下で帯域利用率の集中が最小となるように,サービスコンポーネントの各サービスノードへの配置を最適化している.これによって,オーバレイネットワークリソースのバランスのよい利用が期待でき,ユーザへのレスポンス時間を改善することができる.提案手法について,実ネットワークを想定したシミュレーション実験を行うことにより,その有用性を評価した.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Published journal or presented
academic conference: 
情報処理学会研究報告
Volume: 2004-CSEC-028
Spage: 321
Epage: 326
Date: 23-Mar-2005
Appears in Collections:Nakamura, Yoshitaka

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace