DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6492

タイトル: ユーザの動作類似度に基づく共通鍵生成法
著者: 南, 貴博
仁野, 裕一
野田, 潤
中村, 嘉隆
関, 浩之
アブストラクト: モバイル機器の性能向上により,高価もしくはプライバシ性の高いデータが,異なるユーザの端末間でも通信されるようになりつつある.しかし,従来の機器での通信用の暗号鍵は固定的もしくはキー入力によるPIN コードを利用したものが一般的で,鍵長は概して短く,鍵の設定は一般ユーザには煩わしい.そこで本稿では,加速度を基にしたユーザ動作対の類似度の高さに従って暗号鍵の生成法を変更し,類似度の高い動作対では短時間に高い強度の共通鍵を,類似度が中程度の動作対ではある程度の時間をかけて共通鍵を生成する手法を提案する.性能評価の結果,類似度は中程度の動作でも,1 分程度でPIN コード相当の共通鍵を生成できることがわかった.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会研究報告
巻: 2009-CSEC-044
開始ページ: 307
終了ページ: 312
年月日: 2009年2月26日
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard