DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6485

タイトル: ノードの地理情報を考慮した遅延の小さな構造型 P2P オーバレイネットワークの構築法
著者: 木谷, 友哉
中村, 嘉隆
アブストラクト: 一般に構造型P2P ネットワークは,ラベル付けされた情報を分散ハッシュ表(DHT) などを用いて分散管理している.このとき,P2P ネットワークのトポロジ構成,および,リンクの張られたノード間距離がサービス提供持の遅延に大きな影響を与える.そこで,本稿では,各ノードの地理情報を考慮して,遅延の小さな構造型P2P オーバレイネットワークを構築するプロトコルの提案を行う.提案手法では,ノード間のリンク遅延がそのノード間の物理的距離に比例すると仮定し,任意のノード間のリンク遅延が最小になるようにトポロジを構成する.また,このときトポロジのネットワーク直径はO(logN)(N はノード数) に抑えるようにする.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-16)
開始ページ: 139
終了ページ: 144
年月日: 2008年12月
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard