DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6483

タイトル: MANETにおける信頼性を考慮した証拠収集手法の提案
著者: 三浦, 愛美
中村, 嘉隆
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 近年,携帯端末同士を無線で接続することによりネットワークを構築するMANET(Mobile Ad-hoc Network)と呼ばれる技術に関する研究が活発化している.MANETの利用にはインフラストラクチャの構築が不要なため,災害現場や海上,上空等での利用も期待されている.しかし,不特定多数のノードから構成されるMANETにはセキュリティインシデントが多数存在している.一般的に,このような問題の解決手法では誤検出等による個々の端末への影響は考慮されていない場合が多い.そのため,正常なノードであっても通信を制限されるなどといった不当な扱いを受ける可能性がある.このようなえん罪の証明を行うため,本研究ではログ等の電子的記録を収集・分析し,その法的な証拠性を明らかにするディジタルフォレンジックの技術に着目した.この技術を利用し,インシデント検出時に各ノードが自身の行動に関する証拠を収集するシステムを提案した.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2011) シンポジウム
開始ページ: 978
終了ページ: 986
年月日: 2011年7月
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard