DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
中村 嘉隆  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6472

タイトル: 安全な多重帰属制御を実現する VPN 分散管理プロトコルの提案
著者: 中村, 嘉隆
木谷, 友哉
木村, 旭
山口, 弘純
中田, 明夫
東野, 輝夫
アブストラクト: Virtual Private Network(VPN)はサイトと呼ばれるネットワーク上の地点間にセキュアな接続を提供する.VPN を構成するサイト数の増加にともない,複数のVPN に同時に帰属したいというサイトも増加することが予想される.このようなVPN の多重帰属を認めた場合,多重帰属をしているサイトを通じた情報流出の危険性が考えられる.そこで,各VPN が定めるポリシと呼ばれるアクセス条件に各サイトが違反しないかを検証できることが望ましい.しかし,既存のVPN アーキテクチャでは,このような多重帰属制御は想定されていない.本論文では,既存のVPN プロトコルおよびアーキテクチャ上で,ポリシを用い,多重帰属を制御してVPN をセキュアに保つようなVPN 管理手法の提案を行う.
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 情報処理学会論文誌
巻: 48
号: 2
開始ページ: 412
終了ページ: 421
年月日: 2007年2月15日
出現コレクション:中村 嘉隆

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard