DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
田中 健一郎 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6309

タイトル: tanh則が有効な関数族に対するDE 公式の誤差評価
著者: 岡山, 友昭
田中, 健一郎
松尾, 宇泰
杉原, 正顯
アブストラクト: DE公式と対比されるものに、一重指数関数型変換(以下SE変換)を用いた公式があり、SE公式またはtanh則と呼ばれている。DE 公式はtanh則よりも高精度であるが、その分適用条件が厳しい。実際、tanh則が有効でも、DE公式の適用条件を満たさない被積分関数の例が存在する。しかし、そのような例に対して敢えてDE 公式を適用しても、本来の精度は実現されないものの、tanh則とほぼ同等の精度を実現することが数値実験により観察されていた。本発表では、この事実に数学的証明を与え、両公式の使い分けが実際上は不要であることを報告した。
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 第39回数値解析シンポジウム
年月日: 2010年
出現コレクション:田中 健一郎

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard