DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
田中 健一郎 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6308

タイトル: Function Classes for Successful DE-Sinc Approximations
著者: Tanaka, Ken'ichiro
Sugihara, Masaaki
Murota, Kazuo
アブストラクト: 1974 年に高橋・森により考案された二重指数関数型変換(以下DE 変換)は、今日では、定積分だけでなく関数近似を始めとした様々な数値計算の分野で用いられている。関数近似においては、前述のSinc 関数系による関数近似と組み合わせることで高精度公式が提案されており、DE-Sinc 近似公式と呼ばれている。DE-Sinc 近似公式についても、これらが高精度となるための厳密な数学的条件は、これまであまり明確ではなかった。そこで本論文では、これらの数学的条件を明確にし、その条件のもとでの誤差評価を与えた。
研究業績種別: その他/Others
資料種別: Departmental Bulletin Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: Mathematical Engineering Technical Reports
巻: METR2007-08
年月日: 2007年
出版社: 東京大学
出現コレクション:田中 健一郎

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard