DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
田中 健一郎 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6299

タイトル: DE-Sinc法に基づく不定積分の数値計算法
著者: 田中, 健一郎
杉原, 正顯
室田, 一雄
アブストラクト: Sinc関数とはsinc(x)=sin(π x)/(π x)で定義される関数であり、関数系{sinc(x/h-k)}(hは正の実数、kは整数)を用いた近似手法が、ここ三十数年ほど様々な数値解析の分野において研究されてきた。一方、1974年に高橋・森により、高精度の定積分公式を作ることを目的として二重指数関数型変換(以下DE変換)と呼ばれる変換が考案された。そこで本論文では、Sinc関数系とDE変換を併せ用いた、従来より高精度な数値不定積分公式を確立した。
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Journal Article
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 日本応用数理学会 2003年度年会
年月日: 2003年
出現コレクション:田中 健一郎

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard