DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
奥野 拓 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6250

タイトル: WebCMSにおけるワークフローのパターン化方式
著者: 猪子, 徹
奥野, 拓
大谷, 真
アブストラクト: 多くのコンテンツを扱うWebサイトの場合,通常は複数人で共同構築を行う.Webサイトの共同構築を行う場合,ワークフローは重要な位置を占める.類似のワークフローをパターン化できれば,Webサイトの共同構築が軽減される.しかし,最新のWebCMSでもワークフロー作成機能は存在するが,ワークフローのパターン化の方式は示されていない.本研究ではCMSにおけるワークフローのパターン化方式を提案する.本方式は,1)パターンの定義,2)パターンの実体化,3)実システムへのマッピング規則によって構成される.1)はパターンを変数と図式によって定義する方法,2)はパターン定義をCMS上で実体化する方法,3)では実体化したものをシステムに適用するための規則を定める.それぞれの詳細を提案したのち,CMSとしてZopeを用い,パターン定義の実験と,定義したパターンの実システムへの適用実験の結果を示す.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: FIT2005 第4回情報科学技術フォーラム
開始ページ: 113
終了ページ: 115
年月日: 2005年9月
出版社: 電子情報通信学会・情報処理学会
出現コレクション:奥野 拓

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard