DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
奥野 拓 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6231

タイトル: ソフトウェア開発における複雑性
著者: 奥野, 拓
畠山, 康博
大谷, 真
アブストラクト: 工期の短縮化傾向,多重の下請構造によって特徴付けられる現在の国内の商業ソフトウェア開発プロジェクトにおいては,ソフトウェア開発技法のトップダウン的な適用が必ずしも成功していないのが現状である.ここでは,主にソフトウェア開発の下流工程を対象に,人間的側面から見た複雑性という観点で,ソフトウェア産業の構造的な問題,開発技法,開発ツールの各者間の関係について論じ,複雑性を減少させる技術・試みとして,近年提案されているアジャイル開発技法,オープンソースの開発ツール,産学連携によるIT 技術者教育を取り上げ考察している.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 精密工学会春季大会
開始ページ: 577
終了ページ: 578
年月日: 2004年3月
出版社: 精密工学会
出現コレクション:奥野 拓

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard