DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
奥野 拓 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6215

タイトル: マハラノビス距離を適用した切削異常監視に関する研究
著者: 手島, 昌一
奥野, 拓
青野, 文朗
佐藤, 功一
久保, 洋
アブストラクト: 切削異常監視のために,正常なデータの持つ均質性に注目し,正常な特徴量のみから認識空間としてマハラノビス空間を構成する新たな方法を提案する.波形特徴量として周波数や振幅,およびその分布も含めてとらえ,かつ高速処理が可能である微分特性・積分特性を適用する.さらに,特徴量設定の最適化のために遺伝的アルゴリズム(GA)を適用し,処理の高速性を維持したまま異常検出感度を向上する方法についても検討した.
研究業績種別: 原著論文/Original Paper
資料種別: Journal Article
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 精密工学会誌
巻: 65
号: 9
開始ページ: 1325
終了ページ: 1329
年月日: 1999年9月
出版社: 精密工学会
出現コレクション:奥野 拓

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard