DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
櫻沢 繁 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6142

タイトル: EMGUI : 筋電ユーザインタフェースのための動作認識手法
EMGUI : Motion Recognition for EMG User Interface
著者: 伊藤, 大司
尾関, 基行
中村, 裕一
櫻沢, 繁
戸田, 真志
秋田, 純一
アブストラクト: 本稿では,筋電を用いたユーザインタフェース(EMGUI)を構築するための基本部品の設計とそこで用いる動作認識手法を提案する.EMGUIはボタン型,レバー型等,筋電と動作の性質に応じてタイプに分けられ,ボタン型には瞬時動作,レバー型には継続動作が用いられる.ボタン型については短時間の実効値を特徴量としたSVMによって,レバー型については短時間の実効値とその時系列パターンをを特徴量としたHMMを併用して認識する.この手法で,肩・腕,手(指)の動作に関してボタン型,レバー型に対応する動作を各2?4種類のEMGUI部品として用意し,提案する手法の有効性を確かめた.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: 電子情報通信学会技術研究報告. MVE2008-103, マルチメディア・仮想環境基礎
巻: 108
号: 379
開始ページ: 39
終了ページ: 44
年月日: 2009年1月
出版社: 電子情報通信学会
出現コレクション:櫻沢 繁

ファイルダウンロード:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2009_04_EMGUI:筋電ユーザインタフェースのための動作認識手法(五感メディアの品質,仮想空間におけるコミュニケーションデザイン,一般)_124.pdf1.4 MBAdobe PDF見る/開く

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard