DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
櫻沢 繁 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6071

タイトル: How is communication of molecules possible?
著者: Sakurazawa, Shigeru
アブストラクト: 物質が相互作用する様子を物質内部の観測という観点から捉えなおしたとき、物理学の相互作用は成立せず、むしろコミュニケーションといわざるを得ない側面が見えてくる。分子レベルの世界でも高分子のように緩和時間が長くなってくると、分子間の相互同期がなくては構造は成立しない。
研究業績種別: 国際会議/International Conference
資料種別: Journal Article
査読有無: なし/no
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: Hierarchies of Communication
開始ページ: 197
終了ページ: 204
年月日: 2003年6月
出版社: ZKM
出現コレクション:櫻沢 繁

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard