DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
櫻沢 繁 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6070

タイトル: アミノ酸熱重合物の分子種とマイクロカプセルの形態との関係
Relationship of Moleculer Species of Hhermal Teterocomplex Molecules of Amino Acids and Morphology of Microcapsules
著者: 櫻沢, 繁
國田, 美穂子
アブストラクト: アミノ酸熱重合物を水中で加熱した際の反応を、温度一定で加熱を続ける閉鎖系と、温度の違う熱浴を循環させる局所非平衡開放系で比較したところ、その両者で全く異なる反応が起きる事を明らかにした。これは、アミノ酸熱重合物が長い緩和時間を持ち、それ以上に速い温度変化が与えられた場合のエネルギー変換が起きている事を示している。化学進化に与える局所非平衡開放系の役割を考慮する必要性が浮き彫りにされた。
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
発表雑誌名,発表学会名など: Viva Origino 生命の起原および進化学会第28回学術講演会講演要旨集
巻: 31
号: 1
開始ページ: 14
終了ページ: 14
年月日: 2003年3月
出版社: 生命の起原および進化学会
出現コレクション:櫻沢 繁

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard