DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
複雑系知能学科 >
櫻沢 繁 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6057

タイトル: 高分子電解質の非平衡ダイナミクスにおける長時間緩和と秩序形成現象
著者: 櫻沢, 繁
アブストラクト: アミノ酸熱重合物の環境変化(温度、pH)に対する応答を、濁度計、顕微鏡で観察した。その結果、温度変化からエネルギーを取り込むこと、pH変化からマイクロカプセルや濃度パターンの形成を見出した。アミノ酸熱重合物は多様な分子種の複雑な混合物であることから、環境変化に対する緩和時間が長くなり、その結果としての環境の変動をうまく自己組織化に利用できる仕組みと現象の多様性を獲得できたと考えられる。生命の起源、物質進化などを考える上で、化学反応にかわる進化の駆動力は複雑系から産み出せる事を提唱した。
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Journal Article
査読有無: なし/no
単著共著: 単著/solo
発表雑誌名,発表学会名など: 物性研究「複雑系5」研究会報告
巻: 68
号: 5
開始ページ: 653
終了ページ: 655
年月日: 1998年8月
出版社: 物性研究刊行会
出現コレクション:櫻沢 繁

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard