DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Takahashi, Osamu >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/6015

Title: MANETにおけるインシデント検出をトリガとした証拠収集手法の提案
Authors: 三浦, 愛美
白石, 陽
高橋, 修
Abstract: 本研究では,ログ等の電子的記録を収集・分析し,その法的な証拠性を明らかにするディジタルフォレンジック[1]の技術に着目した.また,えん罪の証明に必要な記録の収集はセキュリティインシデントの疑いがあった時点で開始するべきである.したがって,インシデント検出時に各ノードが自身の行動に関する証拠を収集するシステムを提案する.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Volume: 3
Spage: 495
Epage: 496
Date: Mar-2011
Publisher: 情報処理学会
Appears in Collections:Takahashi, Osamu

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace