DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6014

タイトル: 階層型DHT における探索手法の効率的な適用に関する検討
著者: 舟橋, 知論
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 分散ハッシュテーブル(DHT)はデータを保持するノードが分散配置されている環境において,比較的少ないホップ数でノードの検索が可能な技術である.DHTではルーティング経路上のノードと通信を行う 方式として,大別して再帰探索と反復探索(の2つがある.これらの探索方式は互いに優劣があるため,どちらかの探索方式のみでは利点が活かされない場合がある.よって, 利用する状況に応じて探索方式を選定する必要がある. そこで本研究では, 再帰探索と反復探索の適切な利用を考慮し,ネットワークの安定性で階層化を行う階層型DHTへ効率的な探索方式の適用を検討する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
巻: 3
開始ページ: 391
終了ページ: 392
年月日: 2011年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard