DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6011

タイトル: 移動履歴に基づく動線分析情報の可視化手法の検討
著者: 松本, 隆史
白石, 陽
藤野, 雄一
高橋, 修
アブストラクト: 動線は,2次元地図上に位置情報を点として配置し,それらを線分で結んで描画される.屋内や地下で複数階にまたがる場合は、各階のフロアマップごとに動線を描画する.しかしこの方法では,階の移動まで描画することができないため、階の移動に関する動線分析を行うのが難しくなってしまう.また動線に関する統計情報は,グラフによって視覚化されていることが多い.しかし,グラフを利用すると統計としての情報は解りやすく可視化できるが,マップとの対応付けをすぐに行うことができないため,グラフの分析にコストがかかると言った問題がある. そこで本稿では動線を構成するための移動履歴情報を利用して得られる,動線分析の情報を見やすく表示する方法について検討する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
巻: 3
開始ページ: 77
終了ページ: 78
年月日: 2011年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard