DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6009

タイトル: 携帯端末での署名履歴交差を用いた証拠保全手法の提案と評価
著者: 三科, 貴
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 携帯端末は現在,住所や電話番号,メールアドレスや通話履歴などの個人情報を多く含む重要な情報端末である.携帯端末が法人利用されることが増加している中で,安易に情報を取り扱ってしまう「無知」や,携帯端末の誤操作や紛失・盗難をされてしまう「過失」,情報の横流しなどを行うための意図的な持ち出しをする「故意」などの人的要因のインシデントを減少させるため,それらを後々に証明できる必要がある. 我々は,人的要因のインシデントを証明すること,また自身の振る舞いを証明することを目的とし,携帯端末へフォレンジックを適用した際の証拠の信頼性,CPUやメモリなどの計算資源が少ないという問題点を考慮し,携帯端末内の証拠保全手法の提案を行う.提案する証拠保全手法では,保全データの優先順位付けとヒステリシス署名を用いて携帯端末にフォレンジックを適用した際の問題点を解決する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
巻: 2011-MBL-057
号: 14
開始ページ: 1
終了ページ: 8
年月日: 2011年3月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard