DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6008

タイトル: ネットワークコーディングを用いたALMにおける経路構築及び修復法の提案と評価
著者: 大竹, 健司
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 本研究では,ネットワークコーディング(NC)を適用したアプリケーションレベルマルチキャスト(ALM)の経路構築法及び,経路修復法の提案,実験,評価を行う.近年,ネットワーク帯域負荷増大などの問題からマルチキャスト通信が注目されている.大きく分けて2方式あるマルチキャスト通信のうち,より柔軟性が高いALMに注目が集まり,現在盛んに研究されている.ALMはIPマルチキャストと比べ,ネットワークの利用効率が悪いという性質を持っている.本研究ではALMに対し,ネットワーク内でパケット同士を演算しパケット数を減らすNCという技術に注目した.NCをALMに適用させた際には,通常のALMと比べ特殊な経路設計が必要となる.また,ALMにおいて,参加ノードはすべてエンドホストであるためノードの離脱が頻繁に起こる.本研究ではNCをALMに適用させた際の経路構築法及び,ノード離脱時の経路修復法を提案する.また,通常のALMと比べ,提案手法が優位であることをスループットや遅延時間から評価する.さらに離脱時の修復に必要なオーバヘッドを測定し,実用性を検証する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
巻: 110
号: 448
開始ページ: 569
終了ページ: 574
年月日: 2011年3月
出版社: 電子情報通信学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard