DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/6005

タイトル: クラスタ相関テーブルを利用したマルチデータストリーム予測方式
著者: 荒井, 健次
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 近年,センサやインターネットからもたらされる大量のデータを効率的に処理するためにデータストリーム技術への注目が高まっている.中でもデータストリームの未来の値を推定するストリーム予測技術が盛んに研究されている.本論文では,ある類似した環境下などから同時に計測されたデータストリームの間には相関が存在すると考え,その相関を考慮することによる予測精度の向上を目的とし,データストリームからの継続的な相関検出手法と予測手法の提案および有効性の検討を行う.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: なし/no
単著共著: 共著/joint
巻: 110
号: 328
開始ページ: 55
終了ページ: 60
年月日: 2010年12月
出版社: 電子情報通信学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard