DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
Faculty and Students >
Dept. of Media Architecture >
Takahashi, Osamu >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10445/6001

Title: Presence状態(PlaceType)の自動取得方法の検討
Authors: 橋詰, 康宏
中根, 良和
山本, 浩治
高橋, 修
Abstract: プレゼンスサービスは,ユーザの様々な状態をNW及び他ユーザから参照することを可能とするサービスであるが,ユーザの状態の航海は,ユーザ操作を伴うプレゼンスサーバへの登録が主体である.ユーザのサーバへの登録は,ユーザ個人の性格・環境などの不確定な要素に大きく影響されるため,ユーザ状態の更新頻度・正確性をNW側で評価・制御することは出来ない.ユーザに状態更新時の更新を義務付けることは困難であり,ユーザが意識せずに,プレゼンス情報をNW側で自動検出する方式が望ましい.本論文では,PlaceTypeの自動検出を前提に,「所在」と「移動」の区別可能な所在地取得方式を提案する.
Research Achievement Classification: 国内学会/Domestic Conference
Type: Conference Paper
Peer Review: なし/no
Solo/Joint Author(s): 共著/joint
Spage: 1
Epage: 1
Date: Sep-2010
Publisher: 電子情報通信学会
Appears in Collections:Takahashi, Osamu

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace