DSpace

Future University Hakodate Academic Archive >
研究者 >
情報アーキテクチャ学科 >
高橋 修  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10445/5966

タイトル: Cluster by Cluster ルーティングにおけるクラスタヘッド選出手法に関する検討
著者: 鳴海, 寛之
白石, 陽
高橋, 修
アブストラクト: 高移動頻度環境への対応能力を向上させる代表的な手法としてクラスタリングが用いられるが,従来のアルゴリズムでは効率的な経路構築が実現可能となるものの,長経路通信によって信頼性が低下するという問題が残されている.そこで筆者らは,クラスタリングにおけるビーコン送受信の仕組みを利用し,長経路通信を複数の短経路通信に分割する手法を提案し,高移動頻度環境において高い効果を発揮することを示した.本稿では,クラスタリングにおけるクラスタヘッドの選出に焦点を当て,最適なクラスタヘッドをクラスタ内で動的に交替する手法を提案する.また,計算機シミュレーションにより提案手法の有効性を検証する.
研究業績種別: 国内学会/Domestic Conference
資料種別: Conference Paper
査読有無: あり/yes
単著共著: 共著/joint
開始ページ: 1074
終了ページ: 1083
年月日: 2009年7月
出版社: 情報処理学会
出現コレクション:高橋 修

ファイルダウンロード:

このコンテンツにファイルはありません。

このアーカイブに登録されているコンテンツはすべて著作権により保護されています。
著作権を遵守の上、ご利用ください。

 

Copyright © 2010-2012 FUTURE UNIVERSITY HAKODATE.
Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard